マグロについて知っておくべきことすべて

マグロ釣りは、沿岸の漁師が豊富なブルーフィンを捕まえた地中海で少なくとも2、000年前のものです。フェニキア人は手綱と原始的な網を使って漁業を確立しました。アリストテレスは紀元前350年の動物誌でブルーフィンについて言及しました。プリニウス長老は、潰瘍を治療するためにマグロを食べることを勧めました。何世紀にもわたって、スペインとイタリアの沿岸の人々は、海岸に平行に敷設された1マイルの長さの網にそれを導くことによって、この最も雄大なマグロを捕まえてきました。最後のネットである死の部屋では、彼らは殴打または銛にされます。

漁師

しかし、世界のほとんどの国にとって、マグロ漁業は新しく、完全に近代的な産業ビジネスです。マグロは外洋に行く魚で、大きな移動があります。あなたはそれらを捕まえるために長い道のりを行く必要があります。マグロは、かつては浅い北海に押し寄せていたタラのようではありません。

ブルーフィンはメッドでしか入手できませんでした。大西洋に住んでいた個体群がジブラルタル海峡を駆け抜けて産卵したためです。毎年少数で捕獲されているのはこの繁殖用資源であり、それ自体が世界的なマグロ事業の一部となっています。現在、ほとんどすべてのブルーフィンが東京に飛んでいます。イタリアの沿岸リゾートで提供される種は、遠くで捕獲されたキハダまたはビンナガである可能性が高いです。

日本はブルーフィンとの親和性を主張するのが好きです。ノブは、ブルーフィンを落とすことを拒否したことを正当化した。 

「この魚の消費は日本の文化施設であり、すべてのレストランでこの珍味に対する大きな需要がまだあります。」

確かに、日本人は18世紀と19世紀に日本からマグロを何マイルも狩り、1920年代と1930年代に艦隊を拡大しました。しかし、マグロは、20世紀半ばに急速冷凍施設が開発されるまで、市場から遠く離れた場所で漁獲された場合、実用的な魚ではありませんでした。

漁師

アンソニー・バージンとマーカス・ハワードは、彼らの著書「日本のマグロ漁業」の中で次のように書いています。「日本のマグロの歴史はかなり最近の現象です。封建時代には、日本では非常に質の悪い魚と見なされ、貧しい人々はそれを食べませんでした。マグロは体温が高く、温かい肉が腐りやすいため、食中毒のリスクがあった可能性があります。第二次世界大戦前は、現在日本で高く評価されているマグロの脂っこい肉(トロとオトロ)は、価値が非常に低いと考えられ、しばしば廃棄されていました。」

第二次世界大戦の終結後、日本のトロール船はソロモン諸島、オーストラリア北部、インドネシアに移動しました。1950年代に、彼らはマグロを捕まえるためにさらにインド洋、太平洋、大西洋に移動しました。

一方、カリフォルニア州サンディエゴでは、イワシの漁師であるアルバートPハーフヒルが、かつては迷惑と見なされていた地元の種であるビンナガで、季節ごとのイワシの不足を埋めることを決定したときに、別の素晴らしいマグロ産業が生まれました。たんぱく質に飢えた米軍が第一次世界大戦の戦場に出たとき、需要は膨らんだ。

これは非営利プロジェクトであり、マグロ業界を引き続き監視するためには、皆様のご支援が必要です。 [email protected]までお問い合わせください。

カケヨ (Kakeyo) カジノレビュー casinotopsonline.com
ウィニングキングスのおすすめポイント slotsia.com
カスモ (Casumo) casinosisters.com
ベラジョンカジノ(Vera&John Casino) casinoonline
フトカジ / 太っ腹課長カジノ ayakacasinos.com
ロトランド/LOTTOLAND レビュー japanesecasino.com
ライブカジノ