マグロについて知っておくべき全てのこと

マグロ釣りは、沿岸の漁師が大量に本マグロを捕まえた地中海で少なくとも2000年もの歴史があります。フェニキア人は手綱と原始的な網を使って漁業を確立しました。アリストテレスは紀元前350年の動物の歴史の中で本マグロに言及しました。プリニウス長老は、潰瘍を治療するためにマグロを食べることを勧めました。何世紀にもわたって、スペインとイタリアの沿岸の人々は、この最も雄大なマグロを、海岸に平行に敷設された1マイルの長さの網に導くことによって捕まえてきました。最後のネットであるデスルームでは、叩かれたり銛に刺されたりします。

漁師

しかし、世界のほとんどの国にとって、マグロ漁業は新しく完全に近代的な産業ビジネスです。マグロは外洋に出て動きの大きい魚です。そんなマグロをを捕まえるためには遠くへ船出しなくてはなりません。マグロはかつて浅い北海に突入したタラのような魚ではありません。

本マグロは地中海でのみ得ることができました。これは、大西洋に住んでいた個体群がジブラルタル海峡を駆け抜けて産卵したためです。毎年少数しか捕獲されておらず、それ自体が世界的なマグロ事業の一部であるのは、この繁殖資源です。現在、ほぼすべての本マグロが東京に輸出されています。イタリアの沿岸リゾートで提供される種は、遠くで捕獲されたキハダまたはビンナガです。

日本は本マグロとの親和性を主張するのが好きです。のぶは本マグロを落とすことを拒否したことを当然だと言いました。

この魚の消費は日本の文化施設であり、すべてのレストランでこの美味に対する大きな需要がまだあります。

確かに、日本人は18世紀と19世紀に日本から何マイルものマグロを釣り、1920年代と1930年代に更にその勢いは加速しました。しかし、20世紀半ばに急速冷凍施設が開発されるまで、マグロは市場から遠く離れて漁獲されたときは実用的な魚ではありませんでした。

漁師

アンソニー・バージンとマーカス・ハワードは、著書「日本のマグロ漁業」に次のように述べています。「日本マグロの歴史はごく最近の現象です。確執時代には、日本では非常に貧弱な魚と見なされ、貧しい人々はそれを食べませんでした。マグロは暑さに弱く長時間常温で置いておくと腐ってしまいます。簡単なので、中毒の危険性があったかもしれません。第二次世界大戦前、現在日本で高く評価されている脂がのったマグロ(トロと大トロ)は、非常に価値が低いものと考えられしばしば破棄されました。」

第二次世界大戦後、日本のトロール船はオーストラリア北部とインドネシアのソロモン諸島に移動しました。 1950年代に、彼らはマグロを捕まえるためにさらにインド洋、太平洋、大西洋に移動しました。

一方、カリフォルニア州サンディエゴでは、イワシの漁師アルバートP.ハーフヒルが、季節のイワシの不足を、かつては迷惑と見なされていた地元の種であるビンナガで埋めることを決定したときもありました。そして、素晴らしいマグロ産業が生まれました。タンパク質に飢えた米軍が第一次世界大戦の戦場に突入したとき、需要が増えました。

これは非営利事業であり、マグロ業界を引き続き監視するためにあなたの力が必要です。 [email protected]よりお問い合わせください。

カケヨ (Kakeyo) カジノレビュー casinotopsonline.com
ウィニングキングスのおすすめポイント slotsia.com
カスモ (Casumo) casinosisters.com
ベラジョンカジノ(Vera&John Casino) casinoonline
オンラインカジノ
オンラインカジノ 儲かるカジノはミスターカジノバ
ライブカジノ
オンカジ 入金不要ボーナスは日本のオンラインカジノ.com